マルト通り

Rue de Malte Hotels Paris Republique

サン・マルタン運河からすぐ近くの、マルト通りは大方の他の通りとは違って目立つが、それは互いに隔てられた3つの区域に分けられているからです。それで、それらの区域の一つの端に来ると、通りが終わったと思うかもしれませんが、それは間違いで、そこから寺院街通りが始まり、オベルカンフ通りで終わるのです。

急いで食べたり、食堂に寄ったり、繊細な風味のディナーが欲しいとき、マルト通りではかなり興味深い幅広い選択ができます。たとえば、Kiwisen、Boîte aux saveurs、レバノン料理 Al Wady、タイ料理 Thai-Thipなど。また周りに、アムロ通りでは、パサージュ・サン・セバスチャンがあり、もちろん運河沿いには多くのレストランがあって非常に美味しい。当ホテルのブログで詳細を見て下さい。

Credit photo : antoinecef

オベルカンフ

地下鉄オベルカンフ駅、パルマンチエ駅、メニルモンタン駅でつながっているオベルカンフ通りは、パリでもっとも賑やかな通りの一つです。昼間、その通りにいっぱいある多くのブティクで買い物できるでしょう。食べ物では、La Corbeille de Fruits、Le Jardin Fromager、LeonidasあるいはMirandaがあり、装飾品では、Les Curieuses、 Abacard あるいは Mahatsaraがあります。

Pharmacie-restaurant-proche-hotel-mareuil-paris

夜には、オベルカンフは賑わい、その雰囲気は様々です。バー、レストラン、コンサート会場など。あらゆる好みに対応しています。一杯飲みたい?Bar des PiratesやCafé Charbonに行ってみて下さい。ちょっと食べたいですか?通りにはレストランが一杯あり、どこも負けず劣らず美味です。ミュージックショーがお好みですか? Nouveau Casino、Chat Noir、Bataclanなどを回ってみて下さい。

マレ地区

パリのぜひ寄りたい古い街であるマレ地区は、他に類例を見ないほど特殊な雰囲気で魅力的な街です。はやり、お祭り、ファッションなど。マレ地区を形容するに言葉に不足はしない!歴史的記念建造物、バー、レストラン、またブティクなどで一杯です。

文化愛好家でしたら、バスティーユ広場、オペラ座、ヴォージュ広場、ヴィクトール・ユゴーの家、そしてピカソ美術館をどんなことがあっても見逃さないでしょう。買い物がお望みでしたら、簡単なことです。ブティクがいっぱいです!そして街の通りをぶらついておなかがすけば、イタリアン(Café Baci)、日本(京)またはビストロ(Le Voltigeur)などたくさんのレストランをご利用下さい。

サン・マルタン運河

レピュブリック広場に近いサン・マルタン運河は、ぜひ訪れたい自然な集いの場です。パリジャンたちは、たんなる散歩者であれサイクリングの人であれ、木陰のその土手に沿って行くのを好んでいます。晴れている時には、ロマンティックな雰囲気の中をピクニックに理想的な場所です。
また船で運河を遡ることも可能で、様々な会社が観光用周遊を提供していて、オルセー美術館あるいはポルト・ドゥ・ラ・ヴィレットから出発します。

レピュブリック

レピュブリック広場とそれに隣接する通りは、パリの活気にとむ街であり、生活にもお出かけにも楽しい所です。サン・マルタン運河の近くではこうして、多くの酒場やカフェが見られ、夏には楽しい。

近隣には多くの通り ― マジャンタ大通り、ボールペール通り、寺院街通り、レオン・ジュオー通り、ヴォルテール大通り、聖堂大通り、寺院通り、サン・マルタン大通り、ルネ・ブーランジェ通り ― があり、その一つにブティク、バー、レストランがあって、この賑やか街を有名にしています。それに料理は多様です。アメリカン(Le Fil Rouge Café)、インド料理(New Bombay)、日本料理(Sept’n)、イタリアン(L’Infinite)、さらにフランス料理(La Chemise)。